読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natural Software

KinectなどのDepthセンサーを中心に活動しています

「Intel Developer Forum 2016」でのRealSense周りまとめ

Intel RealSense

かなり盛りだくさんです。

newsroom.intel.com

  • Intel® RealSense™ Robotic Development Kit:Atomを搭載したROS(Robot Operating System)にも対応する基盤と、R200によってロボット用の環境を作れる。来月(2016年9月?)発送予定。
  • Intel® RealSense™ ZR300 Development Kit:もともとProject Tangoとして開発キットが出ていたものと同じ型番(

    http://www.appmarsh.com/intel-unveils-r200-and-zr300-realsense-3d-cameras/

    )。カメラだけ取り出した?高精度の空間マッピングやモーショントラッキングができるそうです。RealSesen SDK for Linuxとあるので、Linuxで動作する前提のようです。2016年末予定。
  • Intel® RealSense™ Camera 400 Series:現行のSR300の次期バージョン。処理速度が2倍に向上(30→60?)。
  • Intel® Euclid™ Developer Kit:RealSense(型番不明)とAtomを組み合わせた一体型のセンサーモジュール。

これにプラスして「Project Alloy」が発表されました。これはOculus RiftやHTC ViveのようなVRデバイスで、HoloLensのような一体型PCです。

前面にRealSense(400シリーズ?)を2つ搭載しており、RealSenseの機能をそのまま使えるようです。

f:id:kaorun55:20160816092116j:plain

Project Alloy」については、こちらにまとめました。

www.naturalsoftware.jp

 

久しぶりにサイトをのぞいてみると、Robotic KitやAero Platformがあったり、クロスプラットフォームAPIのlibrealsenseが入っていたり、変わっていますね。SR300も見た目がかっこよくなっています。

f:id:kaorun55:20160824111621p:plain

外部記事まとめ

newsroom.intel.com

pc.watch.impress.co.jp

ascii.jp

ascii.jp

japanese.engadget.com

japanese.engadget.com