読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natural Software

KinectなどのDepthセンサーを中心に活動しています

Windows Holographicの開放とIntel Project Alloy

HoloLens Intel RealSense

Intel の IDFで「Intel Project Alloy」(以下Alloy)というVR型のデバイスを発表しました。AlloyはOculus RiftやViveのようなデバイスですが、HoloLensのようなPC入りの一体型のようです。

newsroom.intel.com

前面にRealSenseカメラが2つついているので、カメラシースルーや空間検出、自分の手やまわりにいる人の検出もできるそうです。

これらを「Merged Reality」と名付けています(略すとMRでややこしいです)。個人的にはAugmented Virtuality(AV)なのかな?と思っています。Augmented Virtualityについて探していたら、Intelのサイトもありました。

blogs.intel.com

HoloLensは完全なARではあるが、AVができないので、MRとは言い切れない、という話もあります。AlloyがAV側であれば、2つのデバイスの選択によって、MRを実現できる環境が近づいているのかもしれません。

 

f:id:kaorun55:20160824105329p:plain

(上記サイトより引用)

また、AlloyはWindows Holographicのプラットフォーム上で動作しているそうです。

f:id:kaorun55:20160816092116j:plain

Windows Holographicはプラットフォームとしてサードパーティーに公開するというアナウンスが今年(2016年)6月にありました。Alloyは最初のWindows Holographic例でしょうか。

blogs.windows.com

6月のアナウンス時点では、HoloLensとHTC Vive間の協調動作がイメージされていましたが、IDFのデモではOculus Riftが出ていたので、これも含めてWindows Holographic環境で動作するようになるのでしょうか。

f:id:kaorun55:20160824104316p:plain

どこで発表があったかわからないのですが、来年(2017年)Windows 10 PCでWindows Holographic環境が動作するという話もあります。

jp.techcrunch.com

techcrunch.com

個人的な予想ですが、HoloLensやAlloyのような一体型はOSとしてWindows Holographicが載っていて、Oculus RiftやHTC ViveのようなHMD型はWindows 10 PCに接続してWindows Holographicを動かすようになると思っています。

Windows 10 PCのWindows HolographicはNUCのような、どちらかというと非力なPCでも快適に動くようなので、現状のハイエンドPCが必要な環境と比べて、導入のコストが大幅に下がるのかもしれません。