読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natural Software

KinectなどのDepthセンサーを中心に活動しています

Xbox One で UWP アプリを動かす

C# UWP Xbox

先日のBuildで Xbox One でも自分が開発した UWP アプリが動くようになりました。話自体はだいぶ前から出ていたのですが、やっと自分の環境でも実現できるようになりました。

Visual Studio 2015(Update2のインストールが必要)から接続し、配置、デバッグするためには、Xbox OneをDev Modeに移行させる必要があります。これにはストアから配信されている「Dev Mode Actiation」をインストールし、Xbox Oneを更新、モード変更します。ハードウェアは既存のXbox One端末でOKです。

概要、詳細はこのあたり読むと良いようです。

UWPハンズオンでの「Hello UWP World」をやってみました。デバイスファミリーが実行されているデバイスで「Windows.Xbox」と表示されています。

f:id:kaorun55:20160406235552j:plain

 

UWPなので結果だけ見れば当たり前なのですが、HoloLens用に出力したUnityアプリも動作します。ちょっと感動ですね。

f:id:kaorun55:20160407002007j:plain

 

Xbox Dev Modeへの移行

Xbox OneでUWPアプリを動かす(デバッグできる) Dev Modeへの移行手順をざっくりまとめます。

  1. Xbox Oneに「Dev Mode Actiation」をインストールする
  2. Xbox Oneを更新する
  3. Activationする
  4. Dev Modeに移行する
  5. Visual Studioから接続してUWPアプリを配置する

 

 

「Dev Mode Actiation」はXbox Oneのアプリストアにあります。日本語環境でもインストールできます。

f:id:kaorun55:20160331163718j:plain

インストールが終わると、Xbox Oneのアップデートが始まります。

f:id:kaorun55:20160331164623j:plain

アップデート中にXbox OneのDev Modeのアクティベーションを行います。

https://developer.microsoft.com/en-us/xboxdevices?activate=1

f:id:kaorun55:20160331164249j:plain

アップデートとアクティベーションが終わると再起動します。

ここはうろ覚えなのですが、最初は「Dev Mode」か通常のスタート画面が表示されます(通常のスタート画面の場合は下の「Dev Modeへ切り替え」を参照してください)。

f:id:kaorun55:20160331183320j:plain

f:id:kaorun55:20160407002801j:plain

Dev Modeから元に戻す

「DEV HOME」の「Console settings」にある「Restart console」から元の状態に戻せます。

f:id:kaorun55:20160331184548j:plain

Dev Modeへの切り替え

「Dev Mode Actiation」を起動し「Switch and restart」を選択します。

f:id:kaorun55:20160406234904j:plain

Xbox Oneが再起動し、Dev Modeに移行します。

f:id:kaorun55:20160331183320j:plain

Visual Studioから接続する

Visual StudioでUWPアプリを作成し「リモートコンピューター」を対象にして実行します。リモートコンピューターの接続先は「DEV HOME」の左上にあるIPアドレスを設定します。

また、接続の際にPINの入力を求められます。こちらは「DEV HOME」の「Pair with Visual Studio」を選択するとコードが表示されます。

f:id:kaorun55:20160407002801j:plain

以上でXbox Oneにアプリが配置され、実行されます。

f:id:kaorun55:20160406235552j:plain