読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natural Software

KinectなどのDepthセンサーを中心に活動しています

iOS用赤外線センサー「 Structure Sensor 」ファーストインプレッション

Structure Sensor

Structure Sensor を少しいじってみたのでファーストインプレッション的な感じで書いていきます。Structure Sensorの概要はこちらをご覧ください。

付属のiPad Airブラケットをつけてみました。ぴったりです。サイトのようなかっこいいものではなく、3Dプリンターで出力したような割と粗い感じです。ブラケットはCADデータも公開されているので、壊しても大丈夫ですね。

iPadに接続する

iPhoneにも接続してみました。こちらのブラケットは後日公開とのことです。固定できれば Google Tango を一足先取りですね。

写真 (2)

センサーの概要です。Carmine互換センサーなのでKinect v1などとも同じように赤外線プロジェクターと赤外線センサーがついています。Structure Sensor独自は2つの赤外線LEDで、これと赤外線センサーで赤外線画像(暗視カメラ)が出来上がります。

Structure Sensor

ざっくりとしたセンサーの仕様は次のとおりです。 詳しくはこちらをご覧ください。

項目 仕様
Depthカメラ解像度 640 x 480(VGA) / 320x240(QVGA)
Depthカメラセンシング方式 LightCoding
距離認識範囲 0.4m ~ 3.5m
フレームレート 30 / 60 fps

Structure Sensor の赤外線プロジェクターをKinectの赤外線センサーで見てみました。LightCodingのドットパターンが見えます。

キャプチャ

デモアプリケーションは2種類あり、ScannerとViewerです。アプリの画像はiPadですが、下記アイコンの通りiPhone 5でも動作します。

写真

Scannerはその名の通りの3Dスキャナーです。スキャンが結構難しい(45cmからというセンシング範囲が少し遠い)のと、モコモコした感じのモデルになります。スキャンした後はデータをメールで送信できます。

Scaner

ViewerのほうはDepthデータを表示させます。なんとなく懐かしいDepth画像がiOSでも表示されます。カラーカメラはついていませんが、iPad/iPhoneのカメラと合わせて使えます。内部的にはフレームを同期して取得する関数もあります。

Viewer

先ほどの暗視カメラについて、ViewerのデモはDepthデータを表示していますが、コード上でパラメータを変えることでIR(赤外線)画像を取得できるようになります。これを実行してみると赤外線画像が表示されます。Kinect v2の赤外線がよく見えることがわかります。現在、赤外線LEDはつかえていないのですが、赤外線LEDを有効にすれば、夜でもよく見えるのでしょうね。

1926231_10201655068793479_612972223_o

先ほどとは逆にKinectのドットパターンを見ることもできます。

写真 (1)

一通り触ってみての感想としてはこんな感じです。

  • いいところ

    • iOSでのセンシングは思ったより面白い(ケーブルレスは新境地)
    • Depthデータが取れるので、従来のセンサーの活用ができる

    • 暗視カメラに新しい活用法がありそう

      • 赤外線LEDの点灯方法が分かれば、血管も見えそう

    • iPadiPhoneでまた違った体験がある
    • Google Tangoも同様に裏につけて3Dスキャンがプッシュされているが、手前につけてジェスチャーもよさそう

      • 内蔵ではないため、iPad/iPhoneの裏/表と4パターンで考えられる

  • 微妙なところ

    • 動作確認がめんどくさい

      • センサーがLightningケーブルで接続されているため、Macからプログラムをダウンロード→差し替え→実行という手順になる。デバッグが大変そう

    • 持ち運びをどうしよう

      • ケースがないので、iPadにつけっぱなしにするわけにもいかず、とはいえ外しても置き場がなく

    • 充電しながらのセンシングができない

      • Lightningの取り合い
      • 展示会とかは難しそう

いろいろありますが、思ったよりも面白く遊びがいがあります。また、モバイルでのDepthセンサー利用はこれからというときに、いち早く体験できるのは大きなアドバンテージだという話をしていました。