読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natural Software

KinectなどのDepthセンサーを中心に活動しています

iPad を3Dスキャナに変える「 Structure Sensor 」がきました

Structure Sensor

こちらで紹介したStructure Sensorが先ほど到着しました。

iOSをメインにしたDepthセンサーで、PrimeSenseのセンサー(!Capri)を使っています。用途としてはジェスチャーよりは3Dスキャンをメインとしているようです。とはいえ、ジェスチャーも使えると用途が広がりそうですね。

現状の対応OSはiOSのみですが、WindowsAndroid、Mac OSX、Linuxへの対応もされるそうです。

iOSでは独自のSDKを使用します。なお、OpenNIも対応ですが、どうなのでしょうか...そもそもPrimeSenseのセンサーを使っている時点で、今後の行方が気になります。

ちなみに、iPadがないのと iOS Developer Programの登録が途中なので、まだサンプルを動かせてません。動かせたら、また書こうと思います。

フォトギャラリー的な

箱はiPad miniくらいの大きさでしょうか。持ってないのでわかりませんが。

1902928_265394110291368_1010033012_n

開けてみました。Depthセンサーのみなので、プロジェクターとセンサーの2つが見えます。

1908232_265394136958032_1336131727_n

先行100台なので、BETAの印とシリアル番号がついています。シリアル番号は「005」でした。

1506830_265394123624700_1882895006_n

内容物はセンサー、Lightning ケーブル、電源、iPadマウンタ用のネジ、ドライバーと、iPad Air用のマウンタです。ハッカーケーブルというUSBケーブルもあるのですが、付属されると思って追加しなかったら、付属していないようです。

ちなみにマウンタはCADデータが公開されており、3Dプリントできるようになっています。iPhone用やOculus Rift用のCADも後日公開されるようです。届いたマウンタも3Dプリンタで出力したような出来上がりでした。

1888608_265394170291362_1854784727_n

とりあえず大きさをiPhoneと比べてみました。

1653600_265394153624697_528979681_n