読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natural Software

KinectなどのDepthセンサーを中心に活動しています

Leap Motion Developer SDK で開発できる環境を整える(Mac C#編)

Leap Motion

Leap Motion Developer SDKMac OS X 版にも LeapCSharp.NET4.0.dll および LeapCSharp.NET3.5.dll があります。これらは Unity 用だと思うのですが、 Linux と Mono で 動いたという話もあり、Mac での C# を使った開発の体験がてらやってみました。

環境は次の通りです

Leap Motion Developer SDK をダウンロードする

こちら https://www.leapmotion.com/developers から Leap Motion Developer SDK をダウンロードします。ダウンロードには無料のサインアップが必要です。

ダウンロードした ZIP ファイルを解凍すると デモアプリケーションの Example フォルダと、 SDK が入っている LeapSDK フォルダがあります。これを適当場所へ移動します。僕はこんな感じにしました。以降、この位置をベースにしますので適宜読み替えてください。

スクリーンショット 2013-07-24 19.45.55

Xamarin のプロジェクトを作成する

Xamarin で新しいソリューションを作成します。 Recent または C# から「コンソール プロジェクト」を選択します。

01

参照の追加から  LeapCSharp.NET4.0.dll を追加します。

02

アプリケーションを実行する

「LeapSDK/LeapSDK/samples」にある「Smaple.cs」の内容をコピペします。

04

ビルドが正常に終了すると「<プロジェクトフォルダ>/bin/Debug」以下に exe ができます。LeapCSharp.NET4.0.dll は自動でコピーされ、ほかに「libLeap.dylib」および「libLeapCSharp.dylib」が必要になりますので、「LeapSDK/LeapSDK/lib」からコピーします。

05

実行はターミナルから「<プロジェクトフォルダ>/bin/Debug」に移動して「mono exe名」で実行します。ほかの環境と同じように実行できます。

06

こんなに簡単に MacC# が動かせるのは凄いですね^^; 手順も Visual Studio とほぼ変わらないので、実行方法以外は特に困ることもありませんでした。

Xamarin の概要や基本的な使い方はこちらを参考にしました。