読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natural Software

KinectなどのDepthセンサーを中心に活動しています

Leap Motion Developer SDK で開発できる環境を整える(Windows C++編)

Leap Motion
  • 2015/06/26:Leap Motion v2用に更新

Leap Motion Developer SDK で開発できる環境を整えてみます。ここでは Windows で C++ を使って開発するときの環境です。

環境は次の通りです

  • Windows 8.1 Pro 64bit
  • Visual Studio Express 2013 for Windows Desktop
  • Leap Motion Developer SDK v.2.2.6+29154
  • 32bit アプリケーション

Leap Motion Developer SDK をダウンロードする

こちらhttps://www.leapmotion.com/developersからLeap Motion Developer SDK をダウンロードします。ダウンロードには無料のサインアップが必要です。

ダウンロードした ZIP ファイルを解凍するとSDK が入っている LeapSDK フォルダ、ドライバなどのインストーラー、README.txt

があります。

f:id:kaorun55:20150626121535p:plain

LeapSDKフォルダをわかりやすい場所に移動します。ここでは「C:\LeapSDK」とします。以降、このフォルダを基準にします。自分の環境に合わせて読み変えてください。

f:id:kaorun55:20150626121716p:plain

Visual Studio のプロジェクトを作成する

Visual Studio Express 2013 for Windows Desktop を起動し、「Visual C++|Win32」から 「Win32 コンソール アプリケーション」を選択し、ソリューション名称を入力します。

f:id:kaorun55:20150626122003p:plain

「Win32 アプリケーション ウィザード」で「空のプロジェクト」にチェックを入れプロジェクトを作成します。

f:id:kaorun55:20150626122009p:plain

Leap Motionを使う準備をする

「C:\LeapSDK\samples」にある「Sample.cpp」をプロジェクトのフォルダにコピーします。

f:id:kaorun55:20150626122355p:plain

f:id:kaorun55:20150626122400p:plain

コピーしたファイルをプロジェクトに登録し、プロジェクトの設定を行います。

f:id:kaorun55:20150626122418p:plain

プロジェクトのプロパティで「構成」を「すべての構成」に変更し、「構成プロパティ|C/C++|追加のインクルードディレクトリ」で「C:\LeapSDK\include」を指定します。

f:id:kaorun55:20150626122522p:plain

「構成プロパティ|リンカー|追加のライブラリディレクトリ」で「C:\LeapSDK\lib\x86」を追加します。

f:id:kaorun55:20150626123017p:plain

最後に「構成プロパティ|リンカー|入力|追加の依存ファイル」で「leap.lib」を入力します。これでビルドが通るようになります。

実行してみる

試しに実行してみると次のようなエラーがでます。

f:id:kaorun55:20150626123049p:plain

DLL へのパス(C:\LeapSDK\lib\x86)を環境変数に通すか、 Leap.dll を実行ファイルと同じフォルダに置きます(Visual Studioでのデバッグ実行時はプロジェクトフォルダでも可)。

f:id:kaorun55:20150626123145p:plain

もう一度実行するとコンソール画面に Leap から受信したデータが表示されます。

f:id:kaorun55:20150626123226p:plain

以上で完了です。