読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natural Software

KinectなどのDepthセンサーを中心に活動しています

これから Kinect for Windows SDK を始めたい人へ

Kinect

TLみてると、結構多くの人が Kinect for Windows SDK に興味を持っているようですね。
僕も相変わらず楽しんでますが、せっかくなので資料を作ってみました。内容はblogエントリをまとめたくらいですが、概要から入れてあります(自分のセミナー資料も兼ねて)。
下の方に置いておきます。
Kinect を使うとどんなことができるのか?という方は、こちらをご覧ください


その前に、いくつか気になったことがあったのでまとめてみます。
この内容は、間違いないことを保証するものでは無いことだけご了承ください。また、状況によって内容を変更する可能性もあります。

Kinect for Windows について

  • Nearモードが使える
  • 商用利用ができる
  • 今後SDKがアップデートされても、たぶん全機能が使える

仕事でKinectを使いたい場合は、迷わずこちらですね。

マイクロソフト 【商業用】Kinect for Windows センサー L6M-00005

マイクロソフト 【商業用】Kinect for Windows センサー L6M-00005

Kinect for Xbox 360 について

ホビー用途や、とりあえず始めてみたい人は Kinect for Xbox 360 を購入してみてはいかがでしょうか。\11,000 くらいです

Xbox 360 Kinect センサー

Xbox 360 Kinect センサー

Xtion と OpenNI について

  • Windows 以外(Mac, Linux)で利用可能
  • Android でも利用可能
  • 外部電源が不要(USBバスパワーで動作する)
  • Kinect に比べて小さいので持ち運びやすい
  • NITE というミドルウェアでジェスチャーを認識できる
  • Kinect for Windows SDK ほど高性能のCPUを要求しない

Windows 以外の環境や Android では Xtion 一択になりそうですね。Amazon をみると \22,000ほどになっているので、Kinect for Windows SDK よりは(多少)懐に優しいですね。


詳細な比較は、こちらをご覧ください

Kinect for Windows SDK 入門

とりあえず画像系の基本だけざっくりまとめました。
より詳細な情報や、応用的な使い方は本に書きましたので、そちらをご覧いただけるとうれしいです。


内容としては、概要と2/1のエントリをまとめたものです。英語の資料としてMSが出しているQuickStartもありますが、まぁ日本語の資料ということで参考まで。
ケルトンまでやると、とりあえずやった気になれますw

より詳細な情報

本を書きました。
Kinect for Windows SDK の C# 向け入門書籍を書きました - かおるんダイアリー

KINECT for Windows SDKプログラミングC#編

KINECT for Windows SDKプログラミングC#編