読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natural Software

KinectなどのDepthセンサーを中心に活動しています

「Windows Phone SDK 8.0」がリリースされています

Windows Phone

端末はよ...

フルサイズのISOイメージはサイトの下のほうから取得できます・Hyper-Vイメージもあるためか1.6GBありました。

上記からの引用になりますが、ハードウェアやOSの要件が結構厳しいみたいです

エミュレーターHyper-V上で動作する関係で、ハードウェア要件にも相応のものが必要になったようです。

というわけで、順番に見ていきます。

1. SDKのISOをダウンロードします。Windows 8だとISOをマウントできるので楽ちんでいいですね:-)

2. インストールします。途中で一度再起動を求められます。

3. インストールが終わると、VSを起動します。

4. プロジェクトに Windows Phone のプロジェクトが追加されました。

5. プロジェクトを選択すると、プラットフォームの選択画面がでます。対応バージョンは7.1と8.0のようです。

6. プロジェクトができました。

7. エミュレーターで実行してみます。

8. Hyper-VマネージャーにエミュレーターらしきVMが追加されています。

9. これを起動すると、普通にWindows  Phone が起動しますw

とりあえず環境はできました。