読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natural Software

KinectなどのDepthセンサーを中心に活動しています

OpenNI Arena のアプリケーションガイドラインを訳してみました

Kinect


今年の7月にOpenNIで作ったアプリケーションを公開する場として、OpenNI Arena(アリーナ)というサイトができました。

特に公開するアプリもなかったので何もしてなかったのですが、先日Youtubeに公開していた動画経由で、OpenNI Arenaの方から"アプリを登録して!"というメールがきたので、OpenNI Arenaに登録してみました。

ぱっと見た限りでは、日本人はKINECT ウルトラなどのtomotoさんしか公開していないようですね。
ということで、NI Apps Guidelines V1.11 (PDF)を訳してみました。
OpenNI Arenaに興味はあるけど、ちょっと。。。という方の助けになれば幸いです。
とはいえ、「3. ユーザーエクスペリエンスに関する推奨事項」だけでもNIアプリの参考になると思うので、OpenNI Arena自体に興味がない方にもオススメです。
訳の間違いなどあれば、ご指摘ください。


公開した感想としては、今回のようにたいしたことないアプリでも受け入れてくれるので、全世界公開の割にとても敷居は低いです。

1.イントロダクション

このドキュメントはOpenNIサービス規約および利用規定に従い、OpenNI Arenaのウェブサイト経由で、Natural Interaction Applications(NIアプリ)を共有したい開発者を対象とします。

OpenNI Arena のゴール:

  • 出版社が、有望なNIアプリ開発者を、容易に見つけられるようにする
  • 開発者が才能を示し、かつコミュニティーからフィードバックを得られるようにする
  • OpenNI 対応のセンサーの所有者への、無料で画期的なアプリケーションを提供できるようにする

このドキュメントの前提:

  • アプリケーションを書く方法を知っていること
  • OpenNIソフトウェア・アーキテクチャの基本概念を理解していること

OpenNI Arenaを経由してNIアプリを公開したいすべての開発者は、アプリケーションがOpenNIに準拠していることを宣言する必要があります。

2. NIアプリのフォーマット

  • NIアプリの実行ファイルおよびリソース(画像、パッケージ情報、設定ファイル、README.TXT等)を含むZIPファイルです。すべてのパスは相対的である必要があります。
  • NIアプリの名前のフォーマット: [APPNAME_VERSION.zip].
  • ZIPファイルを解凍した際に、主要な実行可能ファイルまたはインストールファイルは、ユーザーに対して明確にするために、ルートディレクトリに配置してください。
  • 以下を含むREADME.TXTファイルを書いてください:
    • バージョン番号
    • あなた自身についての情報
    • OpenNI以外のソフトウェアの、前提条件のリスト(訳者注:確認したOpenNI,NITE,ドライバのバージョンもあるといいかも)
    • NIアプリを使用する方法について、ステップバイステップのヘルプチュートリアル(推奨)
  • あなたがライセンスの条件、EULAなどを追加する必要がある場合は、それらをルートディレクトリにTXTファイルとして配置してください(オプション)。
  • NIアプリは、OSのユーザーインタフェースを使用しているアプリを除いて、デフォルトでフルスクリーンで実行する必要があります。
  • 1280x720 の画面サイズを推奨します。
  • ソースコードファイルは、単一のZIPファイルとして公開することができます。
  • [APPNAME_VERSION_Sources.zip]として、必要なソースファイルを圧縮してください。
  • アプリケーションをコンパイルするための手順の説明を加えてください。(オプション)

3. ユーザーエクスペリエンスに関する推奨事項

  • NIアプリの終了時は、自然なUXを使用してください
    • マウスまたはキーボード入力を使用することは避けてください。 NIアプリを終了するには、終了ポーズを使用することをお勧めします。 "クロスハンド"ジェスチャーは、開発者が実装しやすく、ユーザーが実行しやすい(偶然にポーズをとることも少ない)ことが判明したのでオススメです。
  • 視野(FOV:Field of View)を表示してください
    • ユーザーが最適な位置に立てるように案内する。また、ユーザーが"活動域"の限界に近づくときに警告を発してください。視野を可視化することで、ユーザーは視野の外に出たことを知ることができます。
  • 操作者を表示してください
    • NIアプリは、物理的な制御装置がないこと、体の動きで制御するため無制限の制御が可能です。そのためユーザーは正常にNIアプリを制御できているか、フィードバックを期待します。また、複数のユーザーが存在する環境で、だれがコントロールしているかわかるようにすると便利です。
  • 現実の規則を基準にしてください
    • NIアプリとのインタラクションは、現実世界に既にある知識に基づいて構築してください。空間的、物理的な規則(例えば、ボタンはセンサーに向かって押す、など)だけでなく、望ましい結果にユーザーを誘導することで、アプリケーションの操作方法をわかりやすくすることができます。
  • 豊富なフィードバックを使用してください
    • 目的の動作を行いやすくするために、視覚と聴覚に対するリッチなフィードバックを使用してください。連続的かつ頻繁なフィードバックを提供することは、触覚に対するフィードバック不足のために極めて重要です。
  • 意味を明確にしてください
    • 各動作が及ぼす影響を明確にしてください。ユーザーが迷わない範囲で、選択は狭いほうがよいです。
  • 回復を寛容にしてください
    • モーショントラッキングは、一定レベルの不正確さを持っているので、ユーザーが望ましくない行為や影響から、回復できるようにすることが重要です。
  • 物理的な不快感を防いでください
    • アプリケーションを長時間使用した後、ユーザーが緊張していないことを確認してください。アプリケーションの使用で不可欠な部分として、ユーザーに休息を勧めてください、その時にアプリケーションがユーザーに不利になる動作はしませんね?
  • ジェスチャーの流れを考慮してください
    • 1つのジェスチャーが次のジェスチャーに混乱を及ぼさないように、ジェスチャーの流れをを計画してください。 各々のジェスチャーが、異なる出発点になるように考慮してください。
  • ユーザーに権限を与えてください
    • ユーザーが現実の世界でしたくなることを、できるだけで許可してください。それらに実際より多くの機会および力を与えて、ユーザーのアクションに対する快い反応を作成してください。
  • モーションインタラクションが、安全であることを確認してください
    • 多くのモーションアプリケーションは、腕や足を素早く動かすので、物や他の人にあたってしまう場合があります。あなたのアプリケーションが、ユーザーによる不適当なセッティングで、ユーザー自身または他の人を傷つける可能性があるなら、それはユーザーに活動域の障害物を片づけるよう警告しなければなりません。物が活動域を妨げていたり、予想外の人が活動域に入ったことを検出した場合は、ユーザーに警告してください。

4. 提出前のNIアプリチェックリスト

  • OpenNIの最新バージョンを使用して、NIアプリの動作を確認してください。 http://www.OpenNI.org にて、最新バージョンのリリースノートを参照してください。
  • 提出時に記述した要件に従って、NIアプリが動作するか確認してください。
  • エンドユーザーに、悪意のあるアプリケーションとして認識される恐れのあるものが、含まれていないことを確認してください。
  • ファイル名には、UTF-8エンコード方式を使用してください
  • エラー処理を適切に。特に、不足している前提条件を、わかりやすいエラーメッセージで表示してください。
  • アプリケーションがOpenNIサービス規約と利用規定に準拠していることを確認してください。
  • OpenNI ArenaでのNIアプリのサイズ上限:500Mo

5. NIアプリを公開する

OpenNI Arenaのサイトで、NIアプリをアップロードするために必要な要素:

  • 一意なアプリケーション名を決めてください
  • 動作するオペレーティングシステムを規定してください
  • 一行の説明を入力します
  • アプリケーションのバージョン情報を入力します
  • 使用するOpenNIのバージョンを入力します(訳者注:NITE,ドライバのバージョンもあるといいかも)
  • 最大500文字の説明を書きます
  • アプリケーションを実行するための前提条件となる、すべてのサードパーティのアプリを適切に規定してください(.NET Framework、Direct Xのバージョンなど)
  • 最小のシステム要件を規定してください
  • アプリケーションの実行可能ファイル名を入力してください
  • YouTubeの動画へのリンクを入力してください(推奨)
  • 最大で3つのスクリーンショットの画像をアップしてください(推奨)
  • アプリのアイコンをアプしてください(80 × 80 JPG、GIFまたはPNG)(訳者注:推奨)
  • NIアプリは、単一のZIPファイルにしてください
  • NIアプリのソースは、単一のZIPファイルにしてください(オプション)

6. NIアプリのレビュープロセス

NIアプリレビューのプロセスは、OpenNIアリーナのウェブサイトへリリース可能であるかを評価します。
この評価では、アプリケーションがこのドキュメントに記載されているガイドラインに準拠していることが確認されます。

NIのアプリがレビュー用に提出されると、我々は独自の裁量で合理的な期間内に開発者に結果を通知します。公開までには、修正依頼や拒否をすることもあります。通知は、開発者登録した電子メールアドレスに送られます。