読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natural Software

KinectなどのDepthセンサーを中心に活動しています

Scrum Gathering Tokyo 2011 : Day1 に行ってきました #sgt2011

scrum 勉強会


Scrum Gathering Tokyo 2011 : Day 1 にいってきました。
この手のイベントで有償なのは、あまり記憶がないのですが、有償イベントならではのクオリティで楽しめました。
スタッフのみなさん、スポンサー企業各位、ありがとうございました。
お土産として、全員特典の塹壕より Scrum と XPの冊子版と、Team Foundation Server ではじめるアジャイル開発の冊子版を頂きました!
チーム開発プラットフォーム Team Foundation Server 入門を会社にもってたところ、みんな読んでくれているので、この2冊も持ってって読んでもらおうと思います。


内容については有償なので詳しく書きませんが、感銘を受けたところをつらつら書いて行きます。

Henrik Kniberg 氏

Henrikさん自身が4人のお子さんのお父さんでもあり、子育てと結びつけたお話が分かりやすく、共感できました。

  • 他人を変えることは難しいけど、自分を変えることは(他人を変えることに比べると)簡単
  • お父さんモードからコーチモードへ:ゴールと目標、責任を与える
  • どんな変化にも勇気が必要
  • どんな変化にも抵抗がある
    • 抵抗には理由があるので、その理由を聞いてみることが成功への近道
  • Wildfire method
    • 火付きの良さそうな人に火をつける→ガソリンを追加する→小さい火をたくさんつける
  • 正しい質問をする
    • なぜできないか?ではなく、できるならやりたい?→じゃあ、できる方法を考えよう!
  • システムを正しく理解する
    • メトリクスを取得
      • よく見るメトリクスよりも、より現実的かつ有益だった
  • 後戻りできる実験をする
    • とりあえず1スプリントやってみる
  • 組織の変更での壁
    • 組織を変更しないで変えられる方法もある

Jeff Patton 氏

いままでの知識を、別の切り口から理解することができました。特に視点が変わったのはこの3つ。
ワークはHenrikさんと一緒にやりました。彼の視点が全体を俯瞰していたのが印象的でした。

  1. よいソフトウェア
    • Valuable:価値があり
    • Usable:使いやすく
    • Feasible:実現可能
  2. ユーザーストーリー
    • As a :誰を
    • I want :機能や性能→どんなアイデア
    • so that :ビジネス価値→幸せにする
  3. フィーチャーの50%から80%は失敗
    • よく使う+いつも使う=20%、+時々使う+たまに使う=55%&
    • 逆に見ると、使わない=45%、いつもは使わない=80%

国内事例集

国内でもたくさん事例が出てきましたね。
とくにYahooのような大きな会社が、さまざまな制約の中でScrumを実現しているのが印象的でした。これで「制約があるのでScrumできません」は言い訳には使えなさそうですね。ただ、調整係はとても大変そうですケド...

まとめ

最近、定期的に海外の方のお話を聞く機会がありますが、Scrumやアジャイルが一手段になっていることをとても感じます。
また、多くのスライドでタスクの写真が出てましたが、どれもアナログですね。結局アナログが一番可用性があっていいんでしょうね。


あと、こしばさんのスライドにあったメッセージ
#スライドが公開されたら、それも載せる(公開されるのか?)