読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natural Software

KinectなどのDepthセンサーを中心に活動しています

Team Foundation Server ではじめる、アジャイル開発の自習書(ホワイトペーパー)

Visual Studio Team Foundation Server

Team Foundation Server 2010 ではじめるアジャイル開発」というホワイトペーパーが公開されています

詳しいことや、関連情報は長沢さんのblogに書かれています

感想など

チーム開発プラットフォーム Team Foundation Server 入門 の続編という感じです。
Team Foundation Server 入門 は270ページ近く、ひたすらTFSのインストールと設定になっていて、使い方までは書かれていません。ツールをインストールした後で、「ツールをどのように有効活用するか」というのが、このホワイトペーパーの主旨だろうと思っています。
タイトルの通り、「アジャイル」の文脈ではありますが、ツールをベースにした内容なので、とくにプロセスに依存することもなく、ウォーターフォールでも使える内容はたくさんあると思います。
逆にツールの使い方の解説でもあるので、例えばTracLightningのような類似のツールに適用することも可能だと思っています。

TFSについて雑感

ここのところTFSと戯れる日々が続いていますが、ぼくの知識ベースがTracLightning(Trac+SVN+Jenkins)+TestLinkなので、その比較をしてみようと思います(TracRedmineに置き換えても同じです)。

  • TracLightning(Trac+SVN+Jenkins)+TestLinkの利点
    • 導入の敷居が低い
    • 導入にかかるソフトウェアコストがない
    • 簡単なことが、簡単にできる
  • TFSの利点
    • Visual Studioに統合されているので、操作がまとまっている
    • 難しいことが、簡単にできる

正直なところ、いまかろうじてTFSの環境を構築、運用できているのは、TracLightningで基礎的な知識を得たからだと感じています。おそらく、このようなツールやその背景を知らないでTFSを導入しようとしても、うまく行かないのではないかと思っています。逆にそれくらい、TracLightningの導入コストは低いと思っています。
あと、TFSの性能をフルに発揮しようとするとTestManagerが必要なので、なんとかして導入にこぎつけたいなぁ、というのが次の目標です。


チーム開発プラットフォーム Team Foundation Server 入門

チーム開発プラットフォーム Team Foundation Server 入門