読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natural Software

KinectなどのDepthセンサーを中心に活動しています

【17-B-5】今そこにあるScrum #devsumi

勉強会

ナヲトさんの講演。
お話を聞いていると、自分でもできそうに聞こえる。実際はここまでくるのにいろいろな苦労があっただろうけど、難しいことを簡単に見せるのが一流なんだなーと改めて思った。
とはいっても、できそうな気がしたのでやってみる。会社が変わって、お客さんが自社製品開発をしているし、お客さん自身も開発について熱意をもっているので、導入環境としては問題ないと思っている。
まずはどうやって話を切り出すかを考えないと。


以下めも

  • 今日話すこと
    • 明日からScrumになるかも
  • Scrumの現状
    • 海外でなにかやってるか?と聞くと45%がやってる
    • なにやってる?と聞くと 75%、ピュアスクラムは50%くらい、残りはScrumとXPのハイブリッド
    • 日本では
      • 経営層とマネージャー
        • 困っている
        • 期待と関心
  • おすすめする理由
    • Scrumが重視すること
      • 開発に集中する
    • Scrumを初めてやった感想
      • 楽しい
        • 気軽に相談できた
        • 仕事の幅が広がった
  • 知っておくべきこと
    • 今のチームとScrumが求めているチーム像とのギャップ
      • プラクティスやればいい
      • スクラムマスターがいろいろ決めている
    • 足りてない
      • チームが進め方に責任を持っていることを意識していない
    • Scrumとは何か
      • 役割
        • プロダクトオーナー
          • プロジェクトの責任者
        • チーム
          • プロジェクトを進める
        • スクラムマスター
          • プロダクトオーナーとチームの開発を促進する
      • 大きな流れ
      • チームの責任
        • やることをきめる
        • できたものを確認する
      • Scrumはフレームワークなので、中身は自分たちで詰める
      • Scrumの教科書
        • みんなが力を貸すこと
        • チームは自己組織
      • 答え
        • こうした方が良い、と思えることを詰める
        • 自分たちのやり方を自分たちでデザインする
        • 責任
          • 成果を出す
          • 好き勝手ではない
        • チェックポイント
          • プラクティス
  • 明日に備える
    • 練習する
      • 手伝うことを練習する
      • プラクティスを練習する
    • 本を読む
    • 勉強会