読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natural Software

KinectなどのDepthセンサーを中心に活動しています

Software Design 2011年2月号 に記事を書きました

執筆 Trac

Software Design (ソフトウェア デザイン) 2011年 02月号 [雑誌]

Software Design (ソフトウェア デザイン) 2011年 02月号 [雑誌]

Software Design 2011年2月号 に「システム自動化,効率化に役立つ!システム管理に役立つTracSubversion活用術」というタイトルで記事を書きました。
TracLightningを使ってできること、特に手間にならず改善できることが中心です。
id:ikikko さんとダブル中村でございます(わたしゃ前座ですヨ)。

内容

自分が経験した開発でやってることを書いているので、「システム管理に役立つ」となっていますが、普通の開発プロジェクトでも使える内容にしましたし、実際に次の現場で使えるように考えて書きました。
想定対象読者としては、とりあえずTracSubversionというのがあります。じゃあこれをどう使いましょうか?という方になります。
ざっくりいえば、チームで開発やサポートをしていると起こるであろう問題を、TracSubversion(TracLightning)の機能を使ってどのように解決するか。これらは実際に自分が経験して、困って、今時点の解ですので、少なからず役に立つのではないかと思っています。
また、TracSubversionにこだわるないようでもないので、RedmineでもTFSでもRTCでも分散VCSでもいいですし、ツールの裏にあるノウハウになってます。

ikikkoさんとのこと

先日のShibuya.trac新年会で知ったのですが、ikikkoさんも同じ号に特集で30ページ強の記事を書いていました。
話してみると結構共通点があって、勝手に好敵手(ライバルというよりこっち)と思ってますw
分野は違うけど同じ方向に向かってがんばってる人を見ると励みになります。

あ、あと結婚式が一週間違い。子供が同学年なら面白かったけど、それは今のところかなわずw