読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natural Software

KinectなどのDepthセンサーを中心に活動しています

iPhoneアプリ開発記(6−2):Objective−C + Xcode で CI

iOS

もともと一つだった記事を個別のエントリに分けました。

Hudsonを使ったCI環境の作成

ビルド
  1. 準備
  2. コードがgithubにあるので Hudson GIT plugin をインストールする
  3. Hudsonのプロジェクトを作成
    • 「フリースタイル・プロジェクトのビルド」を選択
  4. リポジトリの設定
  5. ビルドの設定
    1. ユニットテストのビルド
    2. ユニットテストのビルド
      • [ビルド手順の設定|シェルの実行]を選択し「xcodebuild -sdk iphonesimulator4.2 -target CameraSample -configuration "Debug"」と入力
  6. 実行する
  7. ビルドがコケると赤くなります
  8. テストがコケると赤くなります(黄色になりません、、、たぶんスクリプトをいじればできると思ふ)