読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natural Software

KinectなどのDepthセンサーを中心に活動しています

小さなチーム、大きな仕事

読了

久しぶりに本読んだ。

小さなチーム、大きな仕事―37シグナルズ成功の法則 (ハヤカワ新書juice)

小さなチーム、大きな仕事―37シグナルズ成功の法則 (ハヤカワ新書juice)

前から読もうと思って買ってなかったけど、このエントリを見て即ポチった。
読んでみての感想は「自分が目指すチームの目標はここ」ということ。
僕は大きな会社にはいたことがないけど、小さな会社で小回りが利く、少数精鋭を目標としている。それでこそ、いいものを作れると思ってるし、そのためのアジャイル


同意したことをいくつか

  • 会社を拡大する必要は必ずしもない
    • 少人数でも世の中を変えること、利益を上げることは可能。人月を超えましょう
  • 計画は予想に過ぎない
    • 身をもって体感してます
  • ワーカホリックはバカげている
    • 仕事しかしていないと、正しい判断は下せない。
  • あなたに必要なものを作る
    • 解決しようとしている問題が自分のものにあれば、どれが正しいかの判断を行いやすい
    • ユーザーエクスペリエンスの話からも納得
  • 「時間がない」は言い訳にならない
    • 本当にやりたいことは、他にやることがあっても時間を作る
    • 時間は余るものではなくて、作るもの
  • やることを減らす
    • 任天堂はやらない事を決める、という話を聞いたことがある
    • やらない事を決めることで、やることに対する芯ができると思う
  • 副産物を作る
    • たとえば、社内でTracSVNを入れたら、他の会社での導入を手伝うこともできる
  • 小さな勝利を手に入れる
    • モチベーションを保つためには日々の成長を感じることが大切だと思う
  • 無用な人は雇わない
    • そうあってほしい
  • 会社を「知人のいないパーティー」にしない
    • これも経験あり。。。
  • 「自分マネージャー」を雇う
    • 自分の制御ができないのに、人の制御ができるなんてことはないでしょ