読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natural Software

KinectなどのDepthセンサーを中心に活動しています

Shinnnihonbashi.trac 第6回 勉強会

勉強会 Trac

meeting/06 - Shibuya.trac Wiki - Shibuya.trac - OSDN
相変わらず[プロセス>Trac]の勉強会ですが(笑)今日は、いろいろなプロセスの話が聞けて楽しかったです:)
また、となりのAgileJapan2010 再演の方とのコラボレーションも実現し、いつもとは違ったお話も聞けたことが収穫でした!

お品がき

感想など

今日、一番の収穫は、こんぴろさんの Kanban。
話には聞いていたけれど、どんなものなのかは知らなかったので、それを知ることができた。


確かに、保守・運用フェーズでは Scrum は適用しづらいので、カンバンのようなプロセスが必要なんだろう。
また、自分の手札にプロセスを複数用意することで、必要なカードを必要な時に切れるようになることが大事なんだと感じた。


自分たちが開発をしている目的(ゴール)は

  • ツールを使うことではなくて、プロジェクトを成功させること」

これが、今日一番心に残った。


あと、ryuzee さんの資料は プレZEN 仕様になってましたね。発表用にはそっちがいいけど、人に説明するときに使いやすいのはいつものバージョンだったりしますw
この辺のさじ加減が難しいですね
#ryuzee さんの資料は結構、社内の説明で引用するのでw


あと、QCon (だったかな?)のこんぴろさんのきれいな写真とか、今日の ryuzee さんのきれいな写真とか、写真を探すのが大変なので、まとめっぽいのがあると幸せになれる人が多いよなー、と思った。
#プレゼンテーションZENはみんな読んだほうがいいよ、きっと。