読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natural Software

KinectなどのDepthセンサーを中心に活動しています

要求について、今の理解とやってみたこと

要求

要求について、今の自分の理解とやってみたことをまとめる(今の理解なのでつっこみ大歓迎)。
参考にしたサイトを載せておきます

要求とは

要求とは顧客が欲しいと思っている、ソフトウェアの特徴(Feature)。
顧客から提示された要求を満たすことがソフトウェア開発という仕事のゴールになる。

要求を満たすために

要求を満たすためにバックログ(仕事・注文の蓄積*1)を作成する。
これがプロダクトバックログになる。

プロダクトバックログとは

顧客の要求を満たすための粗筋(Story)の一覧。
ストーリーは

  • 誰が(As a)
  • 何をすると(I want)
  • 何を得る(So that)

という書き方がわかりやすい。

ということで

どうやって表現しようかと考えて、Excel でも 良かったんだけど、TracWiki で問題ないかなと思い作ってみた。


チケットへのリンクが手動なので長続きしないと思うけど、まずは第一段階。
簡単に登録できる、という意味ではこのフォーマットを Excel にしちゃってもいいのかなぁ。。。

ここから

バックログをタスクレベルに細分化してチケットに起こす。
バックログとチケットでお互いにトレースできるのがベスト。

追記

前にバックログ自体もチケットでと書いてましたね^^;
ということでチケットでやってみた



手を入れたところ

  • チケット種別に「バックログ」を追加
  • バックログは「優先度」ではなく「重要度」を使用
  • MasterTiketPlugin で要求とタスクを相互トレース可能にした
  • TimingAndEstimatePlugin で見積もり時間と実績時間を表示可能にした。


レポートの際は TicketQuery マクロでフィルタして出力。

= バックログ =
[[TicketQuery(type=バックログ,order=severity,desc=true,table,col=id|severity|milestone|summary|blockedby|estimatedhours|totalhours)]]


= 全てのチケット =
[[TicketQuery(status!=closed&type!=バックログ,order=priority,table)]]


これなら、結構いい感じかな??