読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natural Software

KinectなどのDepthセンサーを中心に活動しています

Subversion のフォルダ構成・まとめ編

Subversion

Subversion のフォルダ構成 - かおるんダイアリー
ここでの疑問にいろいろな方からアドバイスをいただきました。
みなさんありがとうございます:)

結論

いままでの構成でよさそう

D:\_work\svn テンプレート
    |--------\branches
    |
    |--------\tags
    |
    |--------\trunk
    |            |--------\deploy
    |            |
    |            |--------\document
    |            |
    |            |--------\source
    |            |
    |            |--------\tools

経緯

そもそもこのフォルダ構成で運用していて、なぜ疑問を持ったかというと、

  • Hudson でビルドするときに、SVN の URL を source 以下にしてたんですね。
  • で、開発はみんなブランチを使ってやります。
  • 作業が終わると各自 trunk へマージします
  • 作業が進み Hudson でビルドすると、Hudson の履歴には source 以下、つまりマージした時のコメントしか出なかった
  • もし、source の下に trunk と brunch があれば、source 以下の履歴に全部が表示されるよな〜

と思った次第です。


この時にルートからチェックアウトすれば同じなんだけど、ドキュメントやらツールやらが入ってて、それもまとめて Hudson にチェックアウトさせるのはどうかと思ったので、source の下に trunk と brunch という発想に至ったのです。


source や documents の下に trunk と brunch 派の人と半分半分くらいでしたが、しばらくは今のまま、trunk/tags/brunches の下に source や documents を配置する運用にしようと思います。