読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natural Software

KinectなどのDepthセンサーを中心に活動しています

いろいろ合わせた単体テスト環境の作成

C# TestLink Hudson Subversion

今こんな感じでやってるよ。というのは書いたけど、これに単体テストをプラスしたなぁと考えていたのでやってみた。


最近の単体テスト系のまとめになったかな。

こんな感じ

  1. Hudson でビルドを始めると、SVN からソースを取ってきてビルドする
  2. そのあと NUnit単体テストを行い、結果を TestLink に登録する
  3. Hudson 側でも NUnit プラグインを入れて結果をグラフィカルに確認できるようにする

NUnit の結果を TestLink に登録することはできたので、NUnit を Hudson で走らせるようにしただけ^^;

#Hudson おぢさんがカラーになりました:) かぬさんありがとございます♪


結果

Hudson

NUnit プラグインを入れることで、NUnit のテスト結果がトップページに表示される

TestLink

単体テスト結果が他のテストと同様にエビデンスとして残せる

Trac との連携など

ここまで来ると Trac との連携なんかはいつもどおり
たとえば

  • SVN のコミットフックで Hudson のビルドを実行させれば、コミットごとにビルドとテストが行われる
  • SVN のコミットメッセージで Trac と連携させる
  • Hudson でデイリービルドさせる

まとめ

単体テスト結果もTestLink に蓄積することができ、イイカンジの単体テスト環境ができた。
ちなみに C# ではコードに日本語が使えるのでテストメソッドを日本語にしてみたら、TestLink のテスト結果が見やすかった:)
#人によっては気持ち悪いだろうけど(笑)


ただし、先日リリースされた TestLink 1.8.3 だと XML-RPC の仕様が変わったのか TestLink Adapter がエラーを起こすので、TestLink 1.8.1 で動かした。