読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natural Software

KinectなどのDepthセンサーを中心に活動しています

TracLightning 付属の Hudson を Windows サービスとして動かす

Hudson

昨日の続き。
サービス化したときにポート番号を変更する方法をコメントにて頂いた。

Hudsonをサービス化したときに指定したディレクトリにあるhudson.xmlにポート番号を指定している箇所があります。ここを変更してみてください。
HUDSON_HOMEもたぶんこのファイルで変更できます。

ということでやってみた。


TracLightning 付属の Hudson の場合、C:\TracLight\projects\hudson\.hudson がホームディレクトリになるので、ここに hudson.xml が生成される。
このファイルの arguments のところにポート番号が書かれているので変更した。

変更前

-Xrs -Xmx256m -Dhudson.lifecycle=hudson.lifecycle.WindowsServiceLifecycle -jar "%BASE%\hudson.war" --httpPort=8080

変更後

-Xrs -Xmx256m -Dhudson.lifecycle=hudson.lifecycle.WindowsServiceLifecycle -jar "%BASE%\hudson.war" --httpPort=8010

動かなかった・・・

もともと Trac からアクセスするために http://localhost:8010/hudson を使っていたがこれができなくなった。
単純にサービス化してポートを変えるだけだと http://localhost:8010/ に対してのアクセスになるようだ。
TracLightning の Hudson 起動用バッチファイルを見ると、起動時の引数が下記のように設定されていた。

--prefix=/hudson --ajp13Port=8009 --ajp13ListenAddress=<コンピュータ名> --httpListenAddress=<コンピュータ名> --httpPort=8010


--prefix=/hudson オプションをつけることで /hudson へのアクセスが出来るようになっているようだ。

ということで

--prefix=/hudson オプションをつけたところ、元通り http://localhost:8010/hudson からアクセスできるようになった。

-Xrs -Xmx256m -Dhudson.lifecycle=hudson.lifecycle.WindowsServiceLifecycle -jar "%BASE%\hudson.war" --prefix=/hudson --httpPort=8010

念のため

TracLightning の起動引数にあわせて arguments を設定し、今のところ問題なく動作している。

-Xrs -Xmx256m -Dhudson.lifecycle=hudson.lifecycle.WindowsServiceLifecycle -jar "%BASE%\hudson.war" --prefix=/hudson --ajp13Port=8009 --ajp13ListenAddress=<コンピュータ名> --httpListenAddress=<コンピュータ名> --httpPort=8010