読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natural Software

KinectなどのDepthセンサーを中心に活動しています

読了・Trac 入門

読了

Trac入門 ――ソフトウェア開発・プロジェクト管理活用ガイド

Trac入門 ――ソフトウェア開発・プロジェクト管理活用ガイド

とても楽しく読むことが出来たので、2時間くらいで読み終わった。


Trac にとどまらず、以下のような Trac を使用したプロジェクト管理方法についても書かれているので、Trac の導入において特に実用的な一冊。
さらに「逆引き Trac」と「Trac を使う上での心得(プラクティス)」は長い目で見ても有用だと感じた。

  • Trac を使ったプロジェクトの進め方
  • Wiki を使った情報共有
  • Subversion を使った構成管理


これを読んでいて今まで勘違いしていたと気づいたことがあった。
チケットの属性で「accepted」について、今まで作業を開始するときにステータスを変えるものだと思ってたけど、実はそうでなくて担当者が作業を受け入れる(自分が担当すると表明する)ときに使うんだね。



著者のお三方は、今度の Shibuya.trac 勉強会にも参加されるということで、お会いできるのが楽しみ:)


唯一気になったのが、2章と5章でいきなり TracSubversionコマンドライン操作が出てきたこと。
インストールもままならない状況で操作が出てきたので若干戸惑った。
このあたりは直接聞いてみるのがいいかもしれん。



10月から久しぶりに開発作業になるので、「白本(本書)」と「赤本*1と「青本」を持ってお客さんのところに行くことにしよう。

*1:かぬさんがこう呼んでいた。分かりやすいのでいただき:)