読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natural Software

KinectなどのDepthセンサーを中心に活動しています

プレゼンの時に緊張しないコツ

研修業務

プレゼンの時に緊張しないコツ@今日のニッパウ

  • 準備をすること
  • 最悪を考えること

これは基本的だけど、とても重要なことだと思う。

準備をすること

経験的に準備をして臨んだときと、準備をしないで臨んだときとでは結果に明らかな差が出る。

  • 準備をすれば、自分なりの話の流れが出来るので、成功するか、最悪でもワーストケースは回避できる。
  • 準備をしないと、自分なりの話の流れが出来ないので、当然本番でもうまくいくはずもなく、うまく出来てもそれはマグレかと。。。

最悪を考えること

「これに失敗すると死ぬかどうか?」
いや、死なないよね?


これで十分:)
これだけで気の持ちようが全然違うんだよね。

重要なこと

チェックリストがとてもためになるので引用する。

[環境]
□目的は何?
□配布資料か?プロジェクタか?
□その前に話す人は誰?あとは?
□くるのはどんな人?
□マイクで話す?マイクなしで話す?

[資料作成(スライド構成は都合で除きます)]
□受け手が誰か明確か?
□伝えたいことが明確か?
□ストーリーラインは作ったか?
手書きのラフスライドは作ったか?
□スライドは作ったか?
□スライドはちゃんと言いたいことが伝わるか?
□説明の順番は論理的に破たんなく、感情的に矛盾がないか?
□“つかみ”は入っているか?
□飽きない構成になっていないか?
□TPOに応じた資料になっているか?

[プレゼン]
□宣言は何?そしていつ?
□今日話す内容がちゃんと分かっているか?
□資料をめくりながらぶつぶつ話(or心の中で話)をしたか?
□当日に似た環境でリハーサルしたか?
□特に強調すべきスライドがどこか分かっているか?
□持ち時間どおり終わるか?