読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natural Software

KinectなどのDepthセンサーを中心に活動しています

プログラマに必要な感覚

雑記

仕様や動作を決めたり、プログラムを書いている間ってとても厳密に考えなければならない。
あいまいな使用・動作・プログラムというものは許されず、きっちりとしていないといけない。
プログラマは頭が堅いと言われるのはこのあたりからきているのか。



でも設計を考えてる間って、ものすごく抽象的にものを考えないといけない。
継承だったり関連だったり。
数あるパターンから最適なものを選択し、汎用性を考える必要がある。


そう考えると、プログラマって厳密な思考ももちろんいるけど、本当に動く、完成されたプログラムを作るためには、抽象的であいまいな思考がないといけないのではないか?
矛盾した面白い世界だよな〜、と思う今日この頃。


前述した頭の堅い技術者っていうのは実業務において、どれだけのパフォーマンスを出せるのか*1
業界で著名な方の思考パターンはどんなものなのかとても興味がある。

*1:頭が固いことの良し悪しではなくて、単純に思考方法におけるパフォーマンスの違い