読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natural Software

KinectなどのDepthセンサーを中心に活動しています

Trac Lightning 2.0.0 Beta2

Trac

若干乗り遅れ感があるけど、Trac 0.11 を採用した Trac Lightning 2.0.0 Beta2 がリリースされていた。
開発バージョンとのことなので、実運用はしないようにしましょう。


今のところ、自分の環境で起きている問題点

  • インストール中にエラーが発生したためか、Subversion との連携ができてない様子
  • admin でログインができないので、管理画面を見ることができない。 trac.htdigest を見るとなんかおかしい


SourceForge より「Trac Lightning 2.0 の新機能」の引用

  • Trac 0.11、Subversion1.5対応

TracSubversionのバージョンを最新化しました。最新の機能を余すことなくご利用頂けます。

  • ワークフロー機能

Trac Lightning 1.8まではnew-assigned-closeの3ステータス固定でした。2.0からは、確認などのステータスを追加したり、クローズをリーダしか行えないようにしたり、ワークフローをカスタマイズできるようになりました。権限や業務フローの規定が厳しめのプロジェクトでもご利用頂けます。

管理ツールのユーザへのパーミッション設定時にもユーザの補完ができるようになりました。管理者の負担を下げることができます。

  • Subversionアクセス権設定ファイル編集機能

管理ツールSubversionのアクセス権を直観的に編集する機能を追加しました。面倒なSubversionのアクセス権の設定を簡単に行えます。

  • パスワード変更機能

各ユーザが自由にパスワードを変更することができるようになりました(なんで今までできなかったんだろうという感じですが)

  • Subversionのライトスルーキャッシュ機能

Subversionで分散構成を取る際にライトスルーキャッシュを利用できるようになり、大規模な開発でも利用できるようになりました。チェックアウト、コミットをスレーブのリポジトリへ行うことができます。コミット時には、スレーブのサーバからマスターのサーバへ自動的にコミット、同期が取られます。チェックアウト時はスレーブのサーバからチェックアウトするので、マスターのサーバへは負荷を掛けません。