読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natural Software

KinectなどのDepthセンサーを中心に活動しています

読了・ソフトウェアテスト手法

読了 テスト

現場の仕事がバリバリ進む ソフトウェアテスト手法

現場の仕事がバリバリ進む ソフトウェアテスト手法

今日2冊目。
著者が「知識ゼロから学ぶ ソフトウェアテスト」と同じなので読みやすい。


より高度かつ実践的な内容、と言ったところか。

付箋したところ

  • マスタープラン作成のために、テストする範囲を決める
  • テスト対象の分析とテスト設計
  • テストケース実行のためのテストグループ(優先度)
  • テストケースを作成できない要求は正しい要求ではない
  • パフォーマンステストについて(効率性−時間効率性)
  • バグを見つけたら再現させてみる
  • バグレポートで収集すべき情報
  • バグの修正分類
  • デイリービルド&スモークテスト
  • 外から購入したモジュールの品質について
  • テスト担当者のスキル評価

「バグの修正分類」について、Trac と似てるなぁと思ったら、そういえば Trac ってバグトラッキングだったよね^^;
最近は主にプロジェクト管理ツールとして使ってたから忘れてたよ。


あとは「テストケースを作成できない要求は正しい要求ではない」を読んで、なぜ TestLink に「要求」という項目があるのかを初めて理解した。


わかってる人から見たら基本的なことなんだろうけど、結構目から鱗な感じ。
改善のために、やろうと思えばすぐに実践できる項目をピックアップしたので実践してみましょう。