読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natural Software

KinectなどのDepthセンサーを中心に活動しています

失敗

雑記

昇進って、昇進後の役職の業務をこなせるメドが

  • 立っている
  • 立っていない

どっちの状態ですることが多いんだろう?


今まで下っ端だったから失敗しても社内だけの話で済んだけど、役職がついてこれからは一度の失敗がどれだけ影響を与えることになるんだろう?
そう考えると気が滅入る。


でも、ちょうどいいところにいい記事があった。

学生のときの失敗は35歳ぐらいのときには肥やしになっているというのは本当でしょうが、35歳から40歳ぐらいでの失敗は50の時の肥やしになっていると思います。
50歳になったときに運良く失敗なしにやってこれたら、失敗が怖くてその後の人生を歩めなくなるかもしれません。

今まで失敗は20代の内にやっておいた方がいいよと思ってたんだけど、30代になっても40代になっても失敗はしていいんだよね?


ここに至るまでにいろいろ失敗しましたよ。
もう失敗もなく人生送れたらいいなと思ってましたよ。


でも立場が変わればそんなことも言ってられないよね。


立場が変わればやることも変わる。
今まで慣れていたことから、急に新しいことに変わる。
だったら失敗もするよね?


もちろん極力失敗を避けるための努力はするけど、やってしまったものは仕方ないよね。
今、ソツなく業務をこなしてる上司だって最初は失敗してたよね?
そう思っていいんだよね?


この例とは逆に失敗事例が聞きたいな。
そうすれば、
今はこんなに立派な人でも、昔は苦労してたんだな。
ってことが分かって、希望もでてくるってもんだよね。