読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Natural Software

KinectなどのDepthセンサーを中心に活動しています

Windows10 エンタープライズ アカデミーでのHoloLens関連記事

昨日はこんなイベントがありました。

HoloLensが日本のメディアにお披露目される最初の機会だったそうです。

実機の展示もあったので、写真流れてくるかなーと思ってたんですが、特にないですねw スーツのかた向けだからかな。

これに合わせて本社の方も来ていたようで、2つ記事が上がってました。

僕も昨日はオフィシャルな体験会に参加して、ベン・リードさんとのQ&Aを横で聞いていました。

pc.watch.impress.co.jp

www.itmedia.co.jp

少しずつ動き出した感じがあり、いよいよ明日からプレオーダー。

これから楽しみですね。

 

HoloLensと3Dデータの記事を書きました

HoloLens 実績

HoloLensと3D モデル/3D CADとの組み合わせについて、対談と記事がでました。
3Dデータが「即座」に「実寸」で目の前に現れるというのは、いままでの3Dデータの在り方を変えるのではないかと取り組んでいます。
2本セットで読んでいただくといいのですが、やっぱりモノを見てもらうのが一番いいですね、、、


3D CADとAR/VRの融合で加速するモノ作り

Autodesk Fusion 360エバの藤村さんとの対談です。3DモデルをAR/VRで見るというは楽しいですよ。という話です。

www.itmedia.co.jp


CADデータをHoloLensに取り込んで見てみよう

上記で3D CADを使っていますが、それをどうやってHoloLensで見るかという話の概要です。

licensecounter.jp

 

 

HoloLensの日本でのプレオーダー日程について公式アナウンスがありました

HoloLens

HoloLensの日本でのプレオーダーについて、公式アナウンスがありました。

news.microsoft.com

2016年12月2日(金)よりMicrosoft Store 限定でプレオーダーを開始、2017年初頭より出荷とのことです。1月か2月くらいでしょうか。

日本語の対応状況など含めて気になりますね。

 

販売の拡大について、いくつかの国に解放される中の一つかと思っていたのですが、今回は日本だけのようです。

blogs.windows.com

 

価格

気になる価格ですが、頑張った感があります(アメリカでの$3,000も税抜きです)。

  • Microsoft HoloLens Development Edition(開発者版):333,800 円(税抜税込)
  • Microsoft HoloLens Commercial Suite(法人向け):555,800 円(税抜→税込)
  • Clicker(画面操作機器):8,800 円(税抜)

それぞれ税込みで約36万円、約60万円ほどでしょうか。

クリッカーは付属だと思うのですが、わざわざ価格が表記されているのが気になります。

Commercial Suiteについて

Commercial Suiteについてはこちらを参照。認証やセキュリティなどが追加されています。HoloLensのハード含めて納品になるような場合には、こちらを選択するようです。

www.microsoft.com

 HoloLensについて

まとめています

www.naturalsoftware.jp

Structure Sensorを使った3Dスキャンサービス「Canvas」のCADデータが来ました

Structure Sensor HoloLens HTC Vive

Canvasでスキャンした部屋のCADデータが来ました。

www.naturalsoftware.jp

予定が25日で、実際に来たのが28日(現地だと27日かな?)でした。休暇もあったのと後からメールで「元のモデルに穴が空いててうまくできない場所があったよ」的なものが来てたので、手間取らせてしまったのかもしれません(たぶん手作業ですよね)。

 

こんな感じのデータが(色がついてないから、かろうじて見せられます)

f:id:kaorun55:20161129154111p:plain

こうなりました。

f:id:kaorun55:20161129154139p:plain

エアコン、窓がきれいになっています。他にキッチンの棚や冷蔵庫なども残っていました。

データ形式はDAE,DWG,SKPで、このほかに元のスキャンデータ(上のモデル)と色付きのものがダウンロードできました。

 

Unityにつっこむ

今回このサービスを試した理由は、UnityがDAEファイルのインポートをサポートしているからです。

上図のCADデータはUnityに取り込んだスクリーンショットです。

 

これをHTC Viveで見れば、バーチャル内覧的なものになります。

f:id:kaorun55:20161129154912p:plain

 

HoloLensで見れば、CADデータを実際の家に合わせることができます(配線確認とか、穴をあけていい場所の確認とか)。

下の画像だと、CADデータを重畳表示させています。エアコンのサイズが違いますが、窓はおおよそ合っているようにも見えます。

f:id:kaorun55:20161129152443j:plain

色がないこと、精度がまだ微妙なことがありますが、後から3DスキャンをしてCADデータを生成できるのはよさそうです。

Structure Sensorを使った3Dスキャンサービス「Canvas」を試してみました

Structure Sensor

Structure SensorのOccipital社が新しい3Dスキャンのサービスを始めたようなので試してみました。

Canvas by Occipital

Canvas by Occipital

  • Occipital, Inc.
  • Utilities
  • Free

アプリの使用には別途センサーが必要です。

 どんなものかは、動画で紹介されていました。

www.youtube.com

 

部屋の3Dスキャン自体(長さの計測含む)はもともとアプリがありました。

Room Capture - Structure Sensor Sample

Room Capture - Structure Sensor Sample

  • Occipital, Inc.
  • Photo & Video
  • Free

Canvasは3Dスキャンの範囲が広がったのと、3Dスキャンの結果をCADデータとして整形(有料)してくれます。3Dスキャンの範囲については、Room Captureが2m四方くらいでしたが、Canvasはとくに制限がないように見えました(16帖ほどのリビングは一通りスキャンできました)。 

3Dスキャンしてみた

3Dスキャンは非常に高速(これはRoom Captureも同様)で精度はそれなりです(Kinect v1相当のセンサーなので、それくらい)。

試しに測ってみたところ、310cmほどの部屋の端と端が297cmほど、96cmのテレビの幅が91cmほどになってました。

f:id:kaorun55:20161123235608p:plain

 

CADデータ化してみた

このサービスのメインはCADデータ化だと思うので、こちらも試しに注文してみました。

CADデータ化は1部屋ごとに$29、データ形式はDAE,DWG,SKP、時間は2営業日のようです。ビデオ見る感じでは手作業が入るようですね。なお、お急ぎ便的なものも+$5で選択できました。

データのアップロード時には、スキャンデータのほかに、ストリーミングデータ、カラー画像データ、iPadのIMUも同時に送っているようです。

f:id:kaorun55:20161123235936p:plain

ちなみに、通貨記号がなぜか「¥」で進みますが、最終的な連絡メールではちゃんと「$29」となっていました(残念)。

f:id:kaorun55:20161124000151p:plain

というわけで、CADデータの到着が楽しみです。

 

HoloLensの日本での提供が決まりました!

HoloLensの日本での提供が決まりました。

12月にプレオーダー開始、その後に発売のようです。実際に手元に届くのは年が明けてからでしょうか。

プレオーダーや価格は後日は後日発表されるようです。

news.microsoft.com

 

これで、問題なくHoloLensが日本で使えるようになります。

体制も作れるように動いていますので、体験会、ハンズオンセミナー、開発などのご相談もぜひ。

 

HoloLensの発売からのまとめはこちら。

www.naturalsoftware.jp

概要スライドはこちらです。

docs.com